現地業務をお引受けします&無料オフィスご利用ください。 - 海外社団機構のご活用で【事前投資資金もスタッフも不要】で創業OK です。
???? ???????

京都 Ronうんちく

再雇用の道!!実習生を活かしましょう!!

外国人の日本雇用制度に 新たな制度を増やす必要は無い。

せっかく、3年間を投資した雇用者はようやく役に立つと思った時に帰国してしまう事の残念、無念さを考えての事ですが、、、

初期的「日本語」「技術」「文化」を育成した人材を活かし切る事を
考える『熟成就労』を目指した方が良い。

現在は『育成した人材』を使い捨てています。
日越のお互いがもったいない状況です。
新しい事も大事ですが、もっと現実の足元の方も大事にしなくては、、、

下記のAからBまで入口から出口そして未来を目標に一貫して進めます。
 
市場開拓に必要な人材育成を行います。
さくら館にて入国必須の日語教育工場/店舗管理/販売etc
                                  
 

京都の 社団の 寮をお使いください。


 さくら二条寮 二条城徒歩3分

  https://www.airbnb.jp/rooms/20806539
   画像はページに掲載しています。

この他、嵯峨大覚寺寮も あります。
 部屋単位でも建物全部でもお使い頂けます。

また、長期でも、ご相談をお受けいたします。
ずっと、京都でのお住まいになられのも
     良いじゃないでしょうか?

販売代行致します。<需要があるのは 家電では、、、>


お手持ちなら、
販売代行致します。

介護事業者の頑張りを 協業サポートします。

Just テーマ カテゴリー ご活用事業者さまを募集

  弊社は ベトナムで介護人材の育成を行っています。

下図の 日本入国までを一貫してベトナムで行っています。
 日本の介護事業者さんや施設の方々に協力できます。
 

  

まずは
永遠の絆 さんに さくらエージェント が協業しました。
    介護事業 支援に 力を注いでいきます。
ケアセンター 永遠の絆 地域ケア相談室 です。
サービス提供地域
 京都府京都市北区、京都府京都市上京区、京都府京都市中京区、京都府京都市東山区、京都府京都市下京区京都市南区、京都市伏見区、京都市山科区、京都市西京区 京都市左京区(大原、花背、久多、広河原を除く)、右京区(京北を除く) 

 介護サポーター不足に悩まれる 事業者がグループで
 サポーター確保に動きます。

多くの方々へ こころからの サービスを目指し

収入UP&起業 を サポートするお仕事ご紹介


なんでも やる気!!

No1身の回りに有る情報や経験を活かして 起業する。
口コミ、インターネット、その他の方法でコミッション収入でUP
※ お住まいの都道府県にてご活躍して戴きます。

①人手不足の会社、工場、HOTEL、旅館、ドライブインをご紹介ください。
②ゲストハウスをしたい方をご紹介ください。
③ベトナムと仕事のこと、考えている方をご紹介ください。
④下記の会社を 宣伝・広告する人を紹介してください。
http://www.association-mechanism.com/
http://www2.odn.ne.jp/ssm/futon.html
http://vietnam-ron-sakurakan.com/
http://vietnam-ron-sakurakan.com/culture
http://www.promotion-ron.com/social/index.html
http://company.jchere.com/rontay/index.html
http://www.boshinkyo.

ベトナム 現地管理業務(月額¥6.5万円)お請けします。

海外(ベトナム) 業務管理代行
   月額¥65,000万円で お請けします。
 
★ もう、毎月のご出張は不要になります ★
 
 現地事業に毎月のご出張は 時間・経費共にご負担が重いと思います。
 現地での経費も無料と言うわけにはまいりません。
★ 
 弊社はベトナムで5年目のワンストップサービスで日本企業様のサポート
 に特化してきました。

  「時間の効率化」「経費削減・リスクヘッジ」「人材の有効活用」で
   業績の向上を確実に・・・が 弊社、社団法人の主旨

★ 弊社のベトナム駐在の社団社員が管理代行・販売促進などを
  (日本とベトナムの往復、エコノミー航空券の費用程度で)
  毎月の 業務管理業務を代行させていただきます。

 また、平常時のご連絡やご報告を致しますから日本に居られてご安心
   を得て頂きたく思います。

   なぜ??そんな費用で出来るの??

    はい、アウトソーシングを5社のクライアント様とお付き合いさせて
    いただく事で経費を賄います。


京都の国際交流館 般)貿振協提供


 日本人も外国の方も
  京都で交流、観光&ビジネス&学習を目標に般)貿振協の
  施設を提供しています。

  京都の年末年始、四季折々を満喫して頂きたく思います。
   ※般)貿振協会員様は無料利用できます。
Google Map
https://www.google.com/maps/place/%E8%B2%BF%E6%8C%AF%E5%8D%94%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%A4%E6%B5%81%E9%A4%A8%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9/@35.0262526,135.7168651,15.5z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x13578d168ad3c828?hl=ja-JP

介護職には ベトナム人男性 に適応性あり!!新発見

日本介護関係 諸機関・諸氏殿

実体験で書かせて戴きますので失礼をご容赦くださいませ。

私は足の手術を行い、そして車椅子と松葉づえとでベトナムへ
15日間行き、そして執務を行いました。
(道中の交通機関の皆様のご対応にこころから感謝申し上げます。)









じじつ、この様な状態で

15日間に ベトナムで労わって
貰いましたが 新発見は以下の
通りです。

ご興味を戴けると思います。

まず、男性の多くは 被介護者(私)
以下、私と呼ばせて戴きます。

まず、私の行動を予測して前裁きを
しようと思考を巡らせて呉れます。
そして、前処理をして私の進む道を
開けて、そして大切な事は私の後ろ
から抱えるようなサポートをしてくれ
ました。
これらは 歩く事 の場合だけでは無く、事務処理的、日常生活に
至っても同様でした。
※要は 私に対して思いやる心で 準備態勢を取って呉れようと思考を
巡らし、そして 前を開いて私に心配かけない態勢を整えてくれる事。

私がやろうとする事には 日本人の生活文化とは異なる為に阿吽の息
とは言えませんが 介護者に必要な姿勢、態勢を持っている事を確信
出来ました。
対して女性の場合の事は敢えて記載はしません。
私が長年かかわって来た中国の女性の場合も同様の感です。

数合わせでは無いよ!!介護人材と人手不足 政府は誤りを正してください。

私は過去は中国、今はベトナムで人材育成を行い、そして技能実習生を無料で
ご紹介しています。

http://www.association-mechanism.com/
日本の高齢化、若手の人材不足に対し政府の打ちだされる施策はピント外れで要旨を
掴んでいないと思います。

介護者が不足しているから海外に人材を求めると言う愚策。

介護と言うのは烏滸がましくも「生身の人間」をお世話する仕事です。
その日本人従事者の給与は奉仕労働に対し とても、少額です。
介護者の人手が不足しているなら それらの給与を倍額にしても従職者を確保する施策
でもお考えに成ったほうが宜しいかと思います。
理由は
被介護者は長年日本文化に根差した生活様式、が潜在意識に固まってしまっています。
そこへ、異文化の生活様式の異なる経験的にも未熟な介護者が来てもそれらの身の熟し
ひとつ先の事すら異質なものがあります。
介護は介護所の作業では有りません。
介護職制限の緩和より、それ以前に今、禁止している「サービス業の規制緩和」を優先して
日本文化的なマナー=「おもてなし」=我がことより、相手の気持ちを汲む態勢習得を指導
する事の方が大切です。介護はその習得者で無ければ成り立たないでしょう。

独りの部屋 我といふ人の心はただひとり 我より他に知る人はなし

 

武田信玄:   “四十九年一睡夢 一期栄華一杯酒


諸行無常: この世のすべての現象は常に移り変わっていて変らないものはない

        何事にも時があり天下の出来ごとにはすべて定められた時がある

        生きる時があり死ぬるに時があり建てるに時があり

        愛するに時があり憎むに時があり

        戦うに時があり和らぐに時がある

福沢諭吉:   無限の不平を抱きながら沈黙を堪忍して時節を待つ

        天がすべての事には季節があり 全てのわざには時がある

        往時すでに無く今は瞬時に過ぎてなく

        未来もいまだ来たらずして無く案じる要もなし

 高杉晋作: 万物元来始終あり人生況(いわん)や百年の躬(きゅう)少なし 

        名を競いし利を争う営営として没す 

        識らずなんの娯しみか此の中に存せん

    注(百年生きる人は極めて少ないのに、ひたすら名を競い 利を争う

      ばかりの人々がいる。そこに何の愉しみがあるのだろうか、、、、。)

良寛  :   災難に遭う時節には災難に遭うがよく候 

           死ぬる時節には死ぬがよく候是はこれ

         災難を逃るる妙法にて候

谷崎潤一郎:  我といふ人の心はただひとり我より他に知る人はなし