現地業務をお引受けします&無料オフィスご利用ください。 - 海外社団機構のご活用で【事前投資資金もスタッフも不要】で創業OK です。
???? ???????

社団法人 加盟の事業メリットを 知ってください。



事業を進める時に
 なにごとも、すべて単独資金やスタッフで行う必要が無いのです。

社団法人と社団員企業の識別
 
1.社団法人は 企業間相互利益のスキーム造りが主業務です。
2.社団員企業は 業種ごとの独善的な単独事業体の実業務が主業務です。
一般社団法人 海外技術交流社団は
  1.2.を一体的活動の機能を持って活動する法人です。
だから、負担する「経費」「時間」「ノウハウ(スタッフ)」は社団本部を活用
して進める事で負担がとても少なくて済みますし、リスク負担も極小です。
 多業種、他職種に亘り社団スキーム活用で訪日VISAや人材採用にも大きなメリット。

★技術交流社団の事業目的は
 日越合弁法人を業種単位で設立しています。
 合弁法人の設立目的は
 『日越技術交流活動を育む合弁社団法人のスキーム』を組むことを事業基盤に
 しています。
 社団スキーム基盤の上で社団員企業は人材の交流に『技術』を伴って交流します。
 社団員企業の交流の成果は人材育成と技術交流で海外事業、外貨獲得など発展
 を可能にすることです。

それらを目指される両国の法人で『交流活動を育む社団合弁スキーム』を組み上げて
 人材交流と技術発展を目指しています。

ひとつの企画の事例ですが
その他の業種ごとに 日越ビジネスツアーを合弁企業の特権を以て随時、行う事が可能です。
 ツアーで得られる事業収益は「ツアー主催者の計画により幅広の事業」に応用と活用が可能です。
 ご計画の実行は主催者様(社団加盟社様)のご要望に対し社団全体でサポート可能です

 多業種、他職種に亘り社団スキーム活用すれば渡航VISAや人材採用に大きなメリット。

 人材、技術共に関係企業間の既成活動に向けて位置付けを育んでいます。
 
★合弁事業(社団)体制は入国管理局の懸念を排除し、企業グループ間の 技術
 交流目的、企業発展努力の基盤体制です。
 

★合弁企業間の取引と活動は『物的、人的の総括的交流』です。

社団法人 加盟の事業メリットを 知ってください。に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment